ホーム

北区の特定健診の受付を開始しました。

特定健診を御希望の方はこちらのページにあるお電話、メール、HPからの直接お問い合わせのいずれかの方法でお問い合わせください。

当院について~かかりつけ医を目指して~

当院は内科、腎臓内科、泌尿器科、血管外科、人工透析の診療を行ない、腎臓診療という一つの柱を中心に、皆様の健康に役立つかかりつけ医を目指しています。

慢性腎臓病(Chronic kidney disease: CKD)は、我が国において1330万人いると考えられ、新たな国民病とも言われています。慢性腎臓病(CKD)は高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症など様々な疾患が原因で起こります。また腎不全に進行した場合には透析療法が必要になるのみならず、心筋梗塞や脳梗塞・出血といった重大な疾患のリスクともなります。そのため腎臓診療は、内科全般を含めた診療を行い、腎臓の機能を守るため、腎臓機能が落ちてしまった場合の様々な問題に対応するため、腎不全に至ってしまった場合の透析療法と、様々な状況に対応する必要があります。当院は腎臓専門医、泌尿器科専門医、透析専門医が診療にあたり、レントゲン、心電図、エコー、CT、骨密度測定、血管造影などの医療設備を整え、総合的に診療を行っています。

内科

高血圧、糖尿病、高脂血症、高尿酸血症などの生活習慣病は、それ自体は進行しなければ症状に乏しく、健診などを受けないと気付かない場合が多いです。しかし気付かないうちに動脈硬化などを起こし、心筋梗塞や脳梗塞などのリスクが高まります。慢性腎臓病(CKD)もその一つです。早期よりしっかりと治療を行うことで、このような疾患を起こさないようにしていくことが大切です。血圧、血糖、コレステロールなどでお悩みの方はお気軽にご相談ください。また熱が出た、お腹が痛いなど、一般的な内科の診療も行っております。

腎臓内科

健診で尿検査の異常や、腎臓機能の異常を言われた場合には、医療機関を受診するようにしましょう。様子をみても問題がない場合も多くありますし、しっかりと対応が必要な場合もあります。

泌尿器科

尿検査で異常が出るのは、腎臓の疾患だけではなく、その後の尿管、膀胱といった泌尿器の疾患である可能性もあります。また頻尿や、排尿時の違和感などの症状でお困りの場合もご相談ください。

人工透析科

通常の血液透析だけではなく、無酢酸透析(AFB)やオンラインHDFといった治療も行い、質の高い透析診療を行っています。また透析診療では、シャントトラブルや様々な合併症に対する対応が大切です。当院ではエコー、CT、骨密度測定(DEXA)、血管造影などの設備を整え、しっかりと対応を行っております。

血管外科

シャントは透析の際の血液の出入り口であり、とても大切なものです。何かトラブルがあった際に迅速に対応することで、長く使用できる状態を保つことができます。当院以外で透析を受けている方でもできるだけ速やかに対応させていただいておりますので、何かありましたらご相談ください。


PAGE TOP